医療法人さざなみ
医療法人さざなみ 鈴木病院 
介護老人保健施設さざなみ
医療法人さざなみトップページ


訪問看護ステーションかけはし

訪問看護ステーションかけはしのサービス案内
  訪問介護サービス
  指定居宅介護支援事業

 
介護保険について
介護保険とは


急速に高齢化が進む現在、介護を必要とする人がますます増えていくものと予想され、介護はさけて通れない問題となってきています。
2000年7月から実施されている介護保険制度は、これまで本人や家族が抱えてきた不安や負担を、社会全体で支えあっていこうという目的で作られました。
指定居宅介護支援事業所かけはしでは、要援護者やご家族の要望をしっかりと受け止め、サービスを組み立て、適切なサービス提供が行えるよう頑張っています。



介護保険のしくみ


介護保険制度は、市町村が保険者となって運営します。
被保険者は65歳以上の「第一号被保険者」と40歳以上65歳未満の「第二号被保険者」に分かれ、それぞれ給付の要件・保険料の支払方法などが異なります。
被保険者が介護を必要とした場合、市町村に申請して、介護が必要と認定されれば、費用の一部(原則として1割)を支払って介護サービスを利用することができます。

介護保険被保険者区分
 
第一号被保険者
第二号被保険者
対象者
65歳以上の方 40〜64歳の医療保険に加入している方
給付の要件
寝たきりや認知症などで介護や支援の必要な方 老化が原因とされる病気(特定疾病)により介護や支援の必要な方
保険料
所得に応じて5段階に設定 加入している医療保険の算定方式に基づいて設定
保険料の
納め方
年金額が月額1万5千円以上の方は年金から天引き、それ以外の方は市に個別に納めていただきます。 医療保険料と一括して納めていただきます。


介護保険制度で利用できるサービス

介護保険制度によって受けられるサービスには、家庭などで利用できる「在宅介護サービス」と、施設に入所して利用できる「施設介護サービス」があります。

 
在宅介護サービス
  ・訪問看護
  訪問看護ステーションなどの看護師、保健婦などが家庭を訪問し、主治医と連絡を取りながら、病状を観察したり床ずれの手当てなどを行ないます。
  ・通所リハビリテーション(デイケア)
  在宅で寝たきりの方や身体が虚弱な方などが、送迎により昼間だけ施設で医療、看護、食事、入浴、リハビリテーションなどのサービスをご利用いただけます。
  ・通所介護(デイサービス)
  ・訪問入浴介護
  ・訪問リハビリテーション
  ・訪問介護(ホームヘルプ)
  ホームヘルパーなどが家庭を訪問し、食事・入浴・排泄の介助や、炊事・掃除・洗濯などの日常生活の手助けを行ないます。早朝や夜間に安否確認や排泄など短時間の介助をする「巡回型」もあります。

 
短期入所サービス
  ・短期入所生活介護(ショートステイ)  短期入所療養介護(ショートケア)

 その他の在宅サービス
  ・居宅療養管理指導
  ・特定施設入所者生活介護
  ・認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
  ・福祉用具購入費の支給
  ・住宅改修費の支給

※在宅介護サービスでは、1ヶ月に利用できる上限額が設定されます。

要介護状態区分と在宅サービスの支給限度基準額(厚生省告示による)
要介護
区分
心身の状態(例) 支給限度
基準額
要支援 日常生活の一部に介護が必要だが、介護サービスを適用に利用すれば、心身の機能の維持・改善が見込める。 4万9,700円
要支援2 10万4,000円
要介護1 立ち上がりや歩行が不安定。排泄、入浴などに一部介助が必要 16万5,800円
要介護2 立ち上がりや歩行などが自力では困難。
排泄・入浴などで一部または全体の介助が必要
19万4,800円
要介護3 立ち上がりや歩行などが自力ではできない。
排泄・入浴・衣服の着脱などで全体の介護が必要
26万7,500円
要介護4 排泄・入浴・衣服の着脱など日常生活に全面的介助が必要 30万6,000円
要介護5 意思の伝達が困難。生活全般について全面的介助が必要 35万8,300円

訪問看護ステーション・指定居宅介護支援事業所 かけはし
〒 859-3807 長崎県東彼杵郡東彼杵町彼杵宿郷1085
TEL:0957-47-0059  FAX:0957-47-1006

※休日以外は24時間対応しております。

Copyright c 2001 sazanami.or.jp All rights reserved.